直心直伝「地名の由来に思う」

2017年7月27日

今年の鹿児島の梅雨は呆気ない程だった。この原稿を書いている時点(七月五日)で気象庁からの梅雨明け宣言は無い。ただ、私は昔から雨上がりに夏空が拡がり、入道雲が湧き、蝉が一斉に鳴き出した時を私なりの梅雨明け宣言としている。(その後、北部九州を豪雨災害が襲ったが)
本来、私は梅雨入り宣言や梅雨明け宣言、桜の開花宣言などにあまり意味を感じていない。梅雨が明けても雨は降るし、今度は台風が来る。秋の長雨に続いて、冷たい冬が来る。菜種梅雨の後は花散らしの雨が降る。
何のことはない、この国は一年中雨が降っているのだ。
ただ、世の中には誰かに宣言して貰わないと落ち着かない人びとがいることも間違いない。
祖父、十三代は天気を読む名人だったそうだ。身の回りの自然から、読み取る知識と感性はとても貴重だ。自然界の様々な営みの中に多くの学びがある。私ももっと学んでおくべきだったと悔いている。 

さて、『苗代川』。言わずと知れた私の暮らす地区の旧地名である。
昭和三十一年の大合併の時、現在の『美山』という地名に変わったと聞いている。
どうゆう経緯で、『苗代川』から『美山』になったのかは十四代に尋ねても分からないとのことだった。自分達の暮らす村を美しいと表現した客観的な視点は、どうゆう心境からなのか、当然村の総意であるのだから様々な議論や候補があった事とは思う。現在『美山』の地名は定着し、「いい名前ですね」とおっしゃっていただく方も多い。しかしながら、本来は『苗代川』でなければならない。 

我が家を訪ねてくる方の中に、歴史をご存知の方は地図で『苗代川』という川を探す方達がおられる。いくら探しても見つからないという。何処を流れているのですか?と。
確かにそうだろう。何故なら『苗代川』という川は実在しないのだ。 

そもそもの語源は、島津の殿様が梅雨時にこの地を訪ねられた時、折からの大雨に出くわした。すると、道はたちまち冠水し川のような奔流になり、大変難儀をされたそうだ。
その時、殿様が呟いた一言。『苗代時は川のようじゃ』から、苗代川という地名が付いたという。擂り鉢の様な地形で、排水が極めて悪かったことは容易に想像できる。結果、苗代川大洪水なるものも発生したとの言い伝えもある。
又、昔の人は『ナエシロガワ』とは発音せず『ノシロコ』と呼んでいたという。 

このように地名には様々なメッセージがある。 

以前鹿児島を襲った八・六水害。
平成五年八月六日、一週間に渡り降り続いた豪雨は死者七十一人、負傷者百四十二人、床上浸水九千二百棟などの甚大な被害をもたらした。
とりわけ、多くの命を土石流によって奪った土地は『竜ヶ水』という場所だ。竜が駆け下る様に水が落ちる事から、その名が付けられたのだろう。やはり土石流で多くの人命を失ったのが出水市針原である。それ以外にも、垂水市、水俣市と水害の発生する場所には何かしら『水』を連想させる地名が付いている。
(因みに九州北部豪雨の被災地は朝倉市黒川地区であるという)
これが、先人からの土地のDNAを伝える大切なメッセージなのだ。 

従って、町村合併の際の新名は余程考えなければならない重大な事案だったのだ。 

思い起こせば、『北九州市』の名前を初めて聞いたのが小学生の頃だった。大変な人口を誇る大工業都市との触れ込みだった。しかしながら、子供心にも何と無くその名前によそよそしさを感じた事を思い出す。確かに、地理的には九州の北部なのだが、単にそれだけと言うか無機的で、とても事務的な印象を持ったからだ。何故か旅情を感じない。
今では「さいたま市」、「南アルプス市」、鹿児島でも「南九州市」「南さつま市」など全国的に意味不明の地名が随分増えた。議会の中の地域エゴのぶつかり合いの調整の結果だろう。
寂しい発想だと思う。わが町の名前が消える、と言う一見して愛郷心だが、結果的にはみんなで我慢するという事から意味不明の地名を誕生させてしまっている。
何故、その地の歴史、風土、自然、文化を象徴する様な名称を付けられなかったのか、後世にメッセージを込めた地名に出来なかったのか残念でならない。 

しかし、中には、様々な地区名が存在している。それらが醸し出す、その土地の歴史を、思いながら地図を見つめると時を忘れる。
鹿児島の大隅半島の福山という所は黒酢の産地である。甑島で取れたテングサを気温の低い宮崎の都城迄運び、福山から運ばれた黒酢で加水分解して寒天を作り、福山の港から大量に中国に輸出したという。島津家は相変わらずやる事がデカイ。その為に我が村から大量の薩摩焼の酢甕が持ち込まれた。福山の峠は亀割峠と呼ばれている。おそらくは甕割峠だったのだろう。難所を越える際、幾度も黒薩摩の酢甕が割れた事に因んでいるとおもう。酢甕を満載した荷車を引く人夫達の掛け声と汗、割れた甕から零れ出した黒酢の濃厚な香りもしてくる様だ。

ページの先頭へ