「白へのあこがれ」

2022年3月30日

小学校3年の頃、鹿児島の山形屋デパートで備前焼の展示会があった。父と訪れた私はその美しさに魅了された。
「緋襷(ひだすき)と呼ばれる赤い文様。まるで炎が土に映し出された様な、幼心にも実に幻想的であった。
父に「あればどうしたの?」と、尋ねたところ、「焼物に藁を巻いて焼くと、ああいった景色が出るんだ」と言われた。

家に帰ると風呂を沸かすのが私の仕事だったので、商品の白薩摩湯呑の生地をこっそり持ち出し、藁をグルグル巻いて風呂の焚き口に入れて凝視。姉を呼んで「凄いことになるから見てて」と。
ところが、目の前に現れた景色は巻きつけた藁が燃えるだけである。何度繰り返しても、同じであった。
これが私の最初の焼成実験であった。大失敗である。
本来なら生の土に藁を巻きつけて、ゆっくり焼き上げるらしい。化学的には藁に含まれる塩化カリウムと土の中の微量な鉄分が反応して発色するらしい。
父には報告しなかった。

2回目の感動は18歳の事だ。
イギリスの大富豪パーシバル・デビット氏の中国陶磁のコレクション(大英博物館所蔵)である。これも何故か父と出掛けた。この時見た「定窯」の白磁に衝撃を受けた。

中国には「南船北馬」という言葉があるが、定窯は北部にあるため森林が少なく、窯の燃料は石炭である。炎の短い酸化焼成による白い焼物である。
この定窯と触れた事が、私の「白の旅」の始まりとなった。
「定窯」と「白薩摩」、それは違う白である。
10世紀、宋の時代に創られた「定窯」の生地は卵の殻のように薄く、よくぞ釉薬が掛けられたな、と思うほどの厚みである。釉調は透明であるが、艶やかな光沢は控えめである。薄い口辺部には銀の覆輪を巻きつけ、王宮での毒殺検知の役割を果たす。外側には「涙」と呼ばれる釉垂れがあるのがお約束だ。
そして、片切り彫りと打ち込みによる陽刻以外、一切の加飾を施していない、実にプレーンな器である。しかし。その魅力は世界的である。
一方で「白薩摩」は、その素地の色が卵の殻のような象牙色であり、そこに滑らかな透明釉が掛けられる。そこまでは定窯に近いと言える。ただ釉中には微細な蝉の羽の様な貫入が入り外光を乱反射させ、生地に深みを与えてくれる。時には鏡のような滑らかさゆえ「鏡面釉」とも呼ばれ、そばにある物を映し出す程の濡れたような光沢を示すものもある。

結果。互いの「白」は異なるものの、その魅力は互いに譲らない。勿論、私は後者を追いかける者である。

「白」と「透明」。この掴み所のない二つの色の組み合わせは無限に存在する。目指すものは、これまで幾度も私の手のひらからすり抜けて行った。陽炎を追い続ける旅であり。そしてそれらは薩摩の大地から取り出されなければならない。

太古の火災流に覆われた広大なシラス台地。露頭調査が叶わない為、シラス台地の外側で探索するしかない。
そうして初代達が発見したのが、現在の指宿市山川地区から取れる白い粘土鉱物。学名「カオリナイト」である。これは花崗岩が気の遠くなる程の時を経て、マグマの力による熱水の作用を受け続けることにより風化して生まれた白色粘土である。
この粘土は採掘の後、25の工程を経て、漸くロクロの天板に乗せられる。

理想の出来上がりは未だだ。
これを創り上げられたら、一緒に風呂に入るつもりだ。

果たして、今年こそこの夢を叶えられるだろうか、、、。

ページの先頭へ