名誉総領事就任

2021年6月28日

 去る4月6日、我が家の表座敷において駐鹿児島大韓民国名誉総領事館の開館式が行われました。
 一昨年、父が他界し名誉総領事館は閉館していました。
 父の生前から、「十五代も総領事になるんでしょう?」と幾度か尋ねられましたが、その都度「いや、これは世襲ではないので」とお答えしていました。
 この度、韓国政府から新たに日本政府に推薦があり2月9日に日本政府の許可がおり、その日が私の正式な就任となりました。

 開館式は駐福岡大韓民国総領事はじめ、塩田鹿児島県知事、県議会議長など、様々な要人の列席を賜り、無事に終えることが出来ました。
 政治的にはトラブルの絶えない両国でありますが、その様な時期に拝命したのも何かの意味があるのかもしれないと、自分に言い聞かせています。

 私の持論として「G(政府)to G(政府)」は面子で交流を断絶する事がままあるし、「C(企業)to C(企業)」は利益が無ければ交流は消えます。しかし「P(人) to P(人)」の交流は面子や利益で絶える事はない。政府同士が断絶しても、人と人が繋がっている、そこに無数の細い友情というパイプがある事が大切なのだ、と考えています。
 権力とメディアが結託すると国民の意識操作は簡単にできるのです。更にはSNSを通じて、出処不明の怪情報が一人歩き。そんな環境の中で両国の国民は 一見、極めて偏狭になった様に思えます。
 その様な移ろいやすい景色を目で追い続けると。大切な「芯」を見失ってしまうものです。

 父十四代の言葉に「回るロクロの動かぬ芯」というものがあります。
 私が、鹿児島の中学を出て東京の高校に進学する時、父に言われた言葉です。
 動くものに幻惑されると、自分も振り回されてしまう。どんなに周囲が高速で回転してもその芯は決して動く事はない。そこに身を置くべきだ、という教えでした。

 政治的には近さ故もあり、面子もありでなかなか先に進まない両政府ですが、私がこの時にこの任命を受けた大きな理由は、私が現在務めている「高円宮日韓文化交流基金」の選考委員としての経験でした。これは両国の相互交流を顕彰するもので、文化交流、学生交流、スポーツ交流など実に様々な交流が存在します。その中でも何より心を打たれたのは障害者交流でした。
 日本の盲学校と韓国の盲学校の交流、脳性麻痺の人々同士の交流、ろうあ者の交流、車椅子の方々の交流。
 これらは健常者の支えがないと不可能であり又、それらを支えるスポンサーが必ず必要なのです。
 そして、これらの交流は30年以上続けられており、日韓の政治的軋轢の中でも決して途切れる事はありませんでした。

 声高に相手を罵倒する事を「愛国」だと勘違いしている人々の知らないところで、社会的弱者と言われる方々が本当に静かで、ささやかな真の魂の交流を続けておられます。そこには互いに敬いの心があります。そして、それを静かに支えている人々がどれほど両国に数多くおられることか、、、

 私が今回、この名誉総領事の任を拝命した理由は、この人達の存在なのです。
 果たして何が出来るが分かりませんが、出来うる限りの協力を行なって行きたいと考えています。
 何卒、宜しくお願い申し上げます。

ページの先頭へ