直心直伝「『使い手の劣化』と『作り手の劣化』」

2017年2月17日

我が社の轆轤職人に、松井さんという方がいます。彼は私の京都修行時代に一緒だった人で、私の襲名に合わせて京都から駆けつけてくれた大切な人材です。
先日、彼が湯のみをひいていました。「ひく」というのは僕らの世界では、「作る」という意味です。
彼は今から二十年前に茶器の揃いを求めたお客様が、そのうちの一つが破損されたとの事で、その代りを作っていたのです。その一つの為に、ヘラ、ダンゴ、トンボといった道具類を手作りして制作に当たるのです。焼き上がりが同寸、同形、同重量になるように。
そうなのです。私たちの修行時代は自分を機械にする様教えられました。汲み出し碗一日二百個揃って作れないと、そもそも雇ってくれません。訓練所ではとにかくスピードと正確さを求められます。
今はそんな訓練をする若者はほんの数える程です。否、若者ではなく老境に差し掛かる陶芸家でもそんな訓練を経験していない者が大半です。
その結果として、どうなるか?と言いますと、似たような物をつくります。勿論、同寸でもなければ、同重量でもありません。それらを並べて、「お客様、ご自分の手に合ったものをお選び下さい。それが、世界に一つの貴方だけの器です」と話します。
ここに、技術屋の劣化を招くポイントが隠されています。
きちんと修行していない中途半端なモノづくりが逃げ込めるスペースが出来ているのです。
意図的に形を崩したのではなく、技術力の無さから形が崩れてしまっている。
今回、我が家の玄関ポーチを改築しました。様々な優秀な職人さんが集まり、それはそれは壮観でした。大工、石工、瓦屋、建具屋、塗装工、板金屋、皆素晴らしい職人さんでしたが、残念ながら皆な高齢でした。後、十年したら、もう日本建築は不可能になるかも知れないとも言われます。それ程、鍛え込まれた若い技術者が居ないのです。
何故だろう?考えました。最近の若者が悪いのか?彼等が職人仕事を嫌っているのか?厳しい修行に耐えられないのか?と。
しかし、ふと考えてみますと、使い手の側にも責任がありそうです。
いつの間にか私たちは物事の良し悪しを決める際、テレビやSNS、インターネットなど与えられる情報に頼り切ってはいないでしょうか?
島津義弘の時代(十六世紀)の島津家重臣に上井覚兼(うわいかくけん)という方がいらっしゃいました。この方は日向宮崎城主で、彼が残した日記から当時の武将の暮らしぶりが垣間見れます。
彼は剣術、兵法、弓馬術は最も心得ておくべき芸能だと記しています。当時はこれらも芸能だったのです。さらに、書札礼、和歌、連歌、鷹飼、蹴鞠、鵜飼、釣り、狩り、立花、碁、将棋、双六、琵琶、琴、なども武将が心得ておくべき芸能であるとしています。その上で「芸能は一事に秀でるよりも、万事に渡ることが大切である」と説いています。
また薩摩に伝わる「いろは歌」の作者であり、名君の誉れ高い島津忠良(日新公)はそのいろは歌の中の「ち」の歌で、「知恵能は身につきぬれど荷にならず 人はおもんじはづるものなり」と記しています。これは知恵芸能は身につけて荷にもならず、邪魔にならぬものであるから多くのことを習って上手になるべきものである、という大意です。
また、鹿児島の甑島に伝わる古武道で鞍馬養心流の極意は「一目の網は鳥を捕らうるにあたわず されど、鳥を捕らうるは一目の網なり」と断じています。つまり裾野を広く持てという意味で前者と通じます。
今の使い手(消費者)はどうでしょうか?
実はモノの良し悪しを何も知らない、わからないのではないでしょうか?誰かに、何かに判断を頼り切ってはいないでしょうか?
その事が、作り手に逃げ場を与え、モノづくり全体の勢いをそいでいるのではないか?と感じました。
使い手が、あらゆるものに見識を持ち、それを作り手に強く望む事が、世の中に良いものを生み出す最大の原動力になるのです。いい仕事には賞賛を惜しまず、悪い仕事には厳しい評価を下せるようになることが大事なのです。
昔の仕事はいいね。よく聞く言葉です。言い換えれば、昔の消費者はモノを見る目があったという事なのです。
今の行政のお金の出し方は間違えています。モノづくりを支援する為に、モノづくりにお金を入れてしまうのです。そうすると補助金とは麻薬のようなもので、それが無ければ生きていけなくなるのです。そして結果的には何も生まれません。作り手には支援ではなく試練を与えるべきなのです。
どうか、皆さん、色々なものに関心を持ち、ご自分で学んで下さい。皆さんが、最高の消費者になることが最高の作り手を生み出すのです。

ページの先頭へ