水森林太郎について

15代日記 | 2008年5月30日

51-1
 大邱を離れるに当たり、是非留めておかなければならない事がある。
 岐阜出身の水森林太郎氏の事である。
 大正時代、日本が朝鮮半島を植民地支配していた頃、岐阜で町長であった水森は大邱に暮らすことになる。
 大邱は盆地で常に旱魃(かんばつ)に悩まされて来た土地である。農民の苦労を見兼ねた水森は資財を投げ打ち、なんと六万二千坪の広大な用水池を建設したのである。
 これにより二度と大邱は旱魃に悩まされる事は無かった、と言われている。
 しかし、時の流れの中で日帝時代の全てが悪夢であるとする歴史観の中、水森林太郎の存在も振り返られる事はなくなってしまった。
 そんな中で、朽ち果てた彼の墓を資財を持って守っている韓国人がいる。
 徐 彰教氏である。彼はただ一人、日本人の墓を守る韓国人として地元の批判と戦っている。
 彼は僕に言う。
 『あの暗黒の日帝時代にあって、細いけれど清流の様な日本人の心があった。韓国人はその事を知らなければならない』と。
 
 水森の墓にはこう刻まれていた。『修水院儒農耕林居士水森林太郎之墓』。
 
 僕は東ソウルの万憂里の丘に眠る浅川巧を思い出した。確かに日本の圧政の中で、清流の様な方々がおられたのだ。米子から駆け付けてくれた佐田山先輩と墓前にぬかづいた。
 
 さて、大邱は美人の産地としても有名である。
 東大邱から乗り込んだKTXの僕の隣に完璧な大邱美人が座っている。指定席だから仕方ない(笑)。
 今日はとても会場が暑く、僕も汗だくである。
 クワガタ虫の様な匂いの日本人のオッサンに隣に座られて彼女も至極迷惑であろう。
 しかし僕も日韓の友好に問題が無ければ…と、息を殺して小さくなっているのだ。

ページの先頭へ

韓国!

15代日記 | 2008年5月29日

50-1
 なんと今日は韓国・大邱に来ている。米子から戻ったばかりで…?、と云う感じだが、仕方ない。
 以前から親交があり、韓国との交流ではいつもお世話になっている全羅南道、海南市の如然上人に一月前依頼されて、韓国で開催される中国、韓国、日本の三ヶ国の茶文化交流祝祭で講演をするために来たのだ。(頼む時だけ頼んで、頼まれたら断る、では不味い)
 この日の為に、米子でも人知れずせっせと原稿書きをしていたのだ。(誰も知らなかったであろうが…(笑))
 
 ソウルから話題の高速列車KTXで東大邱まで。日本への対抗意識から、賛否両論の末、日本の新幹線を採用せず、フランスのTGVを採用した列車だ。新幹線の方が遥かにビジュアルも車内も良いように思うが、逆にキャラが立ちすぎていたのが仇になったのだろうか…?。(あのロングノーズである)。 
 
 さて、今日のオープニング・デモンストレーションは驚いた。
 百人のクリーム色のチマチョゴリの女性達が一斉にお点前を始めたのだ。圧巻である。しかも何故か日本の抹茶のスタイルだった。LT茶会みたいにミニポットからお湯を注ぐが、スタンバイしている人数が多過ぎた為か、ミニポットの性能のせいか、残念ながらお湯が冷めてしまって…ぬるい。しかも抹茶も安物を使ったか、管理が悪いのか…美味しくない。
 ただ、お菓子とアイデアは抜群に良かった。
 
 こちらに公式訪問するとインタビュー責めである。午前中だけで五社である。今朝は順番をめぐって記者同士がケンカを始める始末。それに本部の人までが加わり、混乱に拍車をかける。朝から怒号飛びかう地獄である。
 困るのが、オリンピックで日本と韓国が戦ったらどちらを応援歌するか?と云うタイプの質問。もち、日本であるが、そう言うと、いい歳をした記者はあからさまに落胆する。だから仕方なく「韓国!」と言ってあげると、飛び上がって喜ぶのだ。
 実に分かりやすく、愛すべき人々である。

ページの先頭へ

故郷

15代日記 | 2008年5月28日

 久しぶりの故郷はやはり佳いものだ。
 『故郷の山に向かいて言うことなし。故郷の山はありがたきかな』
 まさに、そんな感じだ。

 正門は瓦も乗りその全容を明らかにしつつある。これから扉の交換にかかる。そうなると、以前の枯れた大門から、俄かに若く力強い物に変わるだろう。
 一見、堂々とした体格に見えてはいたが、二百年を超えて風雪に耐えた老体は腐れと枯れに深刻に蝕まれていた。
 それでも残された骨と皮だけでも、何とかその威厳を保とうと、ようやく立っていたのである。
 そんな事情を知らない人は必ず言うだろう。
 『昔の方が風情があって良かった…。沈さん、新しいものが必ずしも良いのではありません。あなたもいつか分かりますよ…』と。
 僕と正門は、これからはそんな無責任な批判に黙って耐えなければならない。しかし、古い物を粗末にするようなら、こんな家を背負うはずが無い。家業を継ぐと云うことは、この家が抱えている哀しみを全て引き受ける事なのだ。そしてそれは当事者以外誰にも理解出来ない事なのだ。
 古い材でも傷んでいなかった物は、引き続きその任にあたり、限界と判断された物は新しい物(最高の材料)と交換された。
 僕の耳には、全ての病巣を取りのぞかれ、新しくなった部材と共に、その甦った己の強さを、うなり声を挙げて喜んでいる正門の声が聞こえてくる。
 『良くやってくれた』と……。

ページの先頭へ

個展から戻る

15代日記 | 2008年5月25日

 一週間の米子滞在が終わった。
 出会った全ての方々の笑顔が思い出される良い滞在だった。
 初めの外商説明会の瞬間から感じたスタッフ全員の誠実な印象は最後まで本物だった。自然体で、私の説明を素直に受け入れてくれる、その真摯な眼差しは、初対面の私にとってとても有り難かった。
 トップの方々からも十分な配慮をして頂いた。以前、天満屋さんには福山でお世話になった事があるが、その時も、清水部長を中心とした素晴らしいスタッフだった。
 合うなぁ…という印象か…。
 
 仕事を進めていく上で、客観性のある良い仕事を準備するのは基本であるが、スタッフや会場に恵まれると云うのはかなり大切だ。流動的な催事に於いては特に重要な要素になる。
 今回、そうゆう意味でとても良い仕事が出来た。
 感謝している。
 
 しかしながら鹿児島でブログを見ている友人達の中には、毎日、私が朝から山に登り、昼からビールを飲み、昼寝をして、夜は温泉に浸かりながら牡蠣を食べてばかりいると噂している者がいるらしい。
 しかも無礼にも牡蠣は甲殻類ではなく貝類である、などと、指摘してくる者迄現れる始末である。実に困った連中だ。 仕事の話は生々しいから避けているのに…。
 いずれにせよ、一つのフレーズが終わり、又明日から次を含めた日常が始まる。
 気持ちを整理し、新たな感覚で臨みたい。
 ところで、我が工場の仲間達と再会することがやや照れ臭い私である。

ページの先頭へ

皆生温泉

15代日記 | 2008年5月25日

 宿の都合で、週末は皆生(かいけ)温泉で過ごした。「かいき」ではない、何故か「かいけ」である…。この辺りがどうも難しい。例えば三朝と書いて「みささ」と読んだりする。少しずつポイントを外されているみたいで、ちと悔しい。
 しかし地名は大事だ。
 以前、韓国の映像作家が酒を飲みながらポツリと呟いた。「『淡路』って水の中に炎の道って意味ですよね…。昔の人はこの島の下を活断層が走っている事を知っていたのでしょうか?」。そう云えば鹿児島で水害が起きる場所は決まっている。出水、垂水、竜ケ水、川内、近くは水俣…。全部『水』だ。
 地名は古から現代へのメッセージなのだろう。だとしたら、『北九州市』とか、『南アルプス市』とか『さいたま市』『南九州市』とかって実にアホなネーミングだなぁ…と思う。最近はセントレア空港なんて馬鹿げた名前の空港もあるくらいだ(笑)。
 
 部屋の窓を開けると弓なりの湾が望める。このカーブは明らかに古代火山の外輪山であろう。温泉が出ると云うことは、未だに火山活動が行われている証拠だ。
 打ち寄せる波は疲れを癒してくれた。その鳴り止まぬ潮騒は、静かな癒しのリズムを奏で、まるで幼い頃眠りつくまで身体をさすってくれた祖母のようだ。
 今は巨大なテトラポットが、積み上げられてある。酷い風景だ。 
 きっと遥か以前は見渡す限りの遠浅の海だったのだろう。そして赤ん坊の頬っぺたの様な健康なハマグリがコロコロ転がっていたに違いない…。その砂を使いきると今度は護ってやると言わんばかりにテトラを積み上げる。
 大切な故郷を切り売りし、田舎で『実力者』と呼ばれる事は田舎の甲斐性とは呼ばない。
 岸辺には胸像がある。有本松太郎翁とある。大正時代、皆生温泉を整備完成させた功労者だそうだ。『開発』と『保護』の間に凛とした『文化』があった時代だ。
 田舎で生きる甲斐性をもつ方だったのだろう。

ページの先頭へ

海の幸

15代日記 | 2008年5月23日

 家を遠く離れている時は、食事もちょっとしたイベントだ。特に夕食はそうである。
 そして昨夜は、僕の大好物の甲殻類の一つ『岩牡蠣』と出会えた、実に至福の夕食であった。
 一般に牡蠣は『R』の付く月(九月〜四月)がシーズンであり、逆にこの時期を外すと危険だと言われている。
 ところが『夏牡蠣』とも呼ばれている『岩牡蠣』は違う。そのヤバイ時こそが旬なのだ。
 不思議である。そもそも種類が違うのか、それとも育つ環境が違うだけなのか…。いずれにせよ、多くの者が舞台を退いた時に、満を持して登場してくる訳で、まさに千両役者である。 
 体格も素晴らしい。普通の牡蠣の数倍の図体を持ち、中身も充実していて大きく、歯応えすら感じる程である。味は、決して大味でなく、普通の牡蠣をぐっとミルキーにした感じである。   
 昨夜は取引先の善波さんに連れられて、米子加茂町の『食留芽』(ぐるめ)にお邪魔した。ここは個展初日、天満屋米子店の藤川店長にご案内頂いた店で、米子の有名店である。そして、境港の鮮魚卸会社からの指定の店でもあり、当然素材は一級品である。
 基本的に家族でやりくりされていて、店表は母親と娘さんを中心に全て女性スタッフが仕切る。これが一流和食店の緊張を適度にほぐしてくれていて、ママキッチンの肩が凝らない優しい雰囲気と清潔感を醸し出している。
 大概、老舗、名店と云うと主人の全身から、何とも言えぬ威圧感と殺気が漂うものだ。それが結果的にお客にも緊張感を強いてしまう。
 天才、北大路魯山人が『料理の基本はすべからく、素材の旨味を引き出す事に加えて、お袋の味でなければならない』と言っている。
 大切な事だ。
 
 それにしても、昨夜の『岩牡蠣』はとりわけ巨大であった。今まで食べた物の倍近いサイズだ。此れ程の物はかなりの沖合いの岩場にしかないそうで、荒海に飛び込んだ海女の頑張りと、善波さんの手配、『食留芽』の仕立ての良さに感謝感激であった。
 こうして見てみると、この山陰の海山の豊かさには驚かされる。質量共に圧倒的である。我が愛する鹿児島の旗色がとても悪い。
 更に、鹿児島以上に宣伝下手な所が、結果的に資源を高いレベルで維持させている。
 
 故郷や素朴が一山幾らで売られる時代にあって、その傍らで静かに時を過ごし、健やかな海山の恵みに浸れる土地がある。
 地元の人には申し訳ないが、投入堂の世界遺産指定は暫らく我慢して欲しい。その間に僕が何とか口実を作っては、せっせと通わなければ!と『岩牡蠣』の分厚い殻を見ながらセコく心に誓った。
 タクシーで戻る時に振り替えると、若女将の理絵さんが、深々と頭を下げ見送ってくれていた。
 御馳走様でした。

ページの先頭へ

追伸

15代日記 | 2008年5月23日

 米子駅『妖怪ワールド ねずみ男売店』のオジサン。今日はナント、鬼太郎の虎柄のチャンチャンコ着てましたよ。まさか、僕のブログ見たとか…、あり得ない。

ページの先頭へ

続、下山して

15代日記 | 2008年5月21日

44-1
 三徳山からバスで倉吉まで、ビールの酔いと山登りの疲労とで気持ち良く寝てしまい、運転手に起こされた。
 時計を見たら、まだ三時半。安来の足立美術館に行くことにした。電車で倉吉から安来に着くと、足立美術館までの最終の無料送迎バスが今まさに出んとするところ。
 客は僕一人。運転手が何か盛んに話し掛けてくるのだが、訛りがきつくて全く理解不能。適当にハイハイと返事。
 到着し入館料を払う。
 女性スタッフが全員、似たようなタイプなのは何故だろう。採用者の趣味か、それとも僕がオジサンだから、若い者が皆同じに見えるんだろうか…だとしたら、かなりヤバイ…。などと思いながら進んでいくと、日本庭園の最高峰が眼前に現れた。
 桂離宮や二条城、龍安寺等の京都勢をを押さえての堂々のトップ庭園である。
 実に見事である、そして完璧である。スタッフの日々の献身的な努力が見て取れる。しかし何と無く『来ない』のである。何故『来ない』のか分からないまま歩いた。
 そうか、僕は三徳山から来たのだ。あの山頂からの絶景を見て、木立を吹き渡る神々しい風に身を置き、無数の仏に出会ったのだ。故に、人の作り上げた枯山水の森に満たされない訳だ。
 逆に廻れば良かった…と安来行きのイエローバスで考えた。
 ただ、足立美術館の横山大観展、とりわけ中でも動けなくなったのが『朝嶺』『暮嶽』という一対の作品だ。墨一色で描かれた作品だが、圧倒的だった。これは確かに『来た』。
 二階の陶芸館では巨匠、北大路魯山人の展示会。作品は既に見ているので、年表を見ながら離婚の回数を数えていたが、六回目位で面倒臭くなり止めてしまった。
 これも又、別の意味でスゴい事である。

ページの先頭へ

下山して

15代日記 | 2008年5月21日

43-1
 あぁ…、帰りは登り以上に木々の枝や根に世話になった。何の役にも立ちそうもない木々だが、岩に根を抱きつけて、踏張って我々を助けてくれる。
 こいつらまるで仏さんだ。そう思った。
 
 山には命が一杯だった。だから仏さんも一杯だ。
 だから僕も下山して冷たいビールを一杯飲む事にした。
 又、風が吹いてきた。

ページの先頭へ

投入堂

15代日記 | 2008年5月21日

42-1
 やっと着いた。優しく清々しい風が実に心地よい。『極楽の余り風』とはこのことか。ここが国宝投入堂(奥の院)である。
 解説によると、『全面は断崖に向けての舞台造りで、近づく道すらない垂直な崖に、浮かぶとも立つとも表現しがたい優美な姿…』とある。
 確かにこんな場所に…と思う。
 誰も来ない、たった一人でこんなとこに座っているとしみじみそう思う。
 聞こえてくるのは、山にこだまする鳥の鳴き声と滴り落ちてくる水滴の音、そして遥かに山の下を流れる川のせせらぎの音だけだ。
 ぼんやり見ていると、投入堂の前の水平の岩屋根に下に、立派なスズメ蜂の巣がぶら下がっているのを発見した。
 投入堂を守っているつもりなのか…。蜂がとんでもない場所に巣を作っても余り驚きはしないが、投入堂に感心するのは、それが人間の技だからだろう。しかし、役行者(えんのぎょうじゃ)は単に人々を驚かせ、不思議がらせるためにに此処とこの形を選んだのだろうか。
 この山を登りながら感じた事がある。
 1300年の間、無数の人々によって踏みしめられた道、捕まれて光沢をもつ樹の根、足を掛け、指で掴まれた岩の窪み。
 まさに、これが『道』なのだろう。役行者はもしかして、其の事を教えようとしたのかもしれない…。そう、感じたときふいにお堂の扉がドンッと鳴り、強い風が吹いてきた。
 あぁ、鹿児島の田舎の神様と同じだ。そうだ、そうだと言う時は、必ず風を吹かすのだ。

ページの先頭へ