『歴代沈壽官展』東京展、終に終了。

15代日記 | 2011年2月4日

日本橋三越で開催されていた『歴代沈壽官展』が閉場した。
僕は個展開催分、つまり前半の1週間で戻ってきたが、その後も大盛況だったようで、結局、総入場者数は45000人に迫ったとの事。
自分の力とは思わない。

『日曜美術館』、『朝日新聞社』、『三越』等に背中を押して頂いたのだ。
私は舞台の上で踊らせてもらった。

しかし、もう一つの力を忘れてはならない。

倉庫で古い二個のトランクを見つけたのが五年前。

和綴じの虫食いだらけのボロボロの幕末・明治の文書。
あまりの状態に一瞬、燃やしてしまおうと思ったくらいだ。

しかし、思い止まった。

先祖の墓参りもろくにしない僕だが、これらの文書をきちんと整理する事で自分なりの先祖供養にしよう、と考えたからだ。

表具屋さんに頼んで、洗い裏打ちした資料とにらめっこの夜が続く。
それはまさに薩摩焼黄金期を作った偉大な先人達との対話そのものだった。

今にして思うと全てはあの瞬間から始まったように思える。
それ以来、僕は何か見えない存在に此処まで連れてきてもらった気がするからだ。

あれらを洗い、裏打ちして読み返す決心をあの瞬間しなければ、この不思議なエネルギーと出会う事は無かったろう。

文書は実に多くの事を教えてくれる。

『文書の精』という奴が導いてくれる世界は新鮮なオドロキニに満ちている。

逆に今を生きる僕は心の葛藤や試練を後世に伝えるすべを持たない。
書き留める事の大切さをしみじみと識るのだ。

ページの先頭へ