月松村

15代日記 | 2009年7月30日

 韓国の全羅南道、長興(チャンフン)と云う町に来た。

 人口45000人の地方都市、その遥かに校外の月松村に、朽ちた朝鮮時代の白磁の窯がニ基残されている。
 月松村の人口は僅かに総勢49名。
 高齢化の進んだ文字通り『限界集落』だ。
 三年前に知り合った村長のムンさんに頼まれて、この窯跡を利用した地域起こしのシンポジウムに参加した。
 ムンさんは古代米、カボチャ、玉ねぎ、唐辛子、牛等々を営む農家で45歳、朴訥で素晴らしく筋肉質の実にたくましい男だ。
 長興の中心地で三億円をかけた『水の祭り』が開かれており、この機に是非とも我がド田舎、月松村を売り込みたいとの狙いだ。
 工場が一軒も無いため、完全無農薬、有機農業の村を目指している。
 この白磁の窯が注目を浴びたら、村に有機野菜を買いに来てくれるかも…と淡い期待、と云うか、ワラにもすがる思いのようだ。
 期待に応えるべく、僕も郡主、議長、文化院長、議員、研究者、村人と相次いで話し合いを持った。
 それぞれがこの限界集落への協力を約束してくれたし、何より日本から沈寿官がその為に来ている事に、一体全体何事か?と驚いていた。
 この成果に村人の歓迎会は深夜一時まで続いた。
 出てくる酒、肴は全て村人の手作りの無農薬尽くし、下手なパンソリと無邪気な笑い声の楽しい夜だった。
 カエルの鳴き声を聞きながら、有機農業で梨を生産しているキムさんの自宅韓屋で眠った。
 早朝五時半に目覚め窓を開けると、立ちこめた朝霧の中に青々とした一面の水田。
 畔道はきれいに刈り込まれ、遊んでいる農地は一枚も無い。
 隣の台所からは早くも民泊先のキムさんの奥さんが朝の支度を始めてくれていた。
 美味しい朝食の後、午前中対談、午後講演の日程を済ませ、夜七時半夜行列車に乗り込んで一人ソウルへ向かっている。
 あの静かで清潔な長興の村。
 村人は僕の車を見送り手作りのどぶろくや椎茸、漢方薬、米等々、持ちきれない程のお土産をくれた。
 杖をつきながら若い村長の足らぬ点を詫びた老婆の顔には深いシワ。
 暫く忘れていた沢山の事を思い出させてくれた。
 又、来よう。
 あの村を救えるスキルとアイデアを持った奴らを引きつれて…。
 ムンさんを男にしてやりたい。
 息子の手術で見送れないムンさんに代わって、ハンさんが泥んこの農業トラックで駅まで送ってくれた。
 大男のハンさんは全ての荷物を軽々と抱え、何人もの人にホームの何処で待っていれば良いのか、真っ黒に日焼けした顔と真っ直ぐに伸びた背で恥ずかしそうに確かめてくれた。
 そして、僕に自分が失礼が無かったかと、何度も詫びていた。
 列車が走りだしても、何時までも何時までも頭を下げ見送っていたハンさん。
 ありがとう。

ページの先頭へ