週末

15代日記 | 2009年6月29日

 仕事で週末、土日は三重県の四日市だった。
 ビルの最上階からは四日市港と青い伊勢湾が見えた。
 その伊勢湾に中部国際空港、別名セントレア空港がある。
 何故、『セントレア』なのか、よそ者の僕にはさっぱり分からなかった。
 やはり、自分達だけで分かって、他人が分からない事はやらない方がいい。
 トヨタともあろう者が、そんな事にも気付かないとは…。 
 
 確か、伊勢湾台風は僕の生まれた昭和三十四年だった。
 沢山の赤ん坊が亡くなったと聞いている。
 僕の見た伊勢湾は穏やかで優しかった。
 
 さて、取引先の『伊勢久』は絵の具や筆、その他陶芸関係の材料を扱う日本で一番の会社だ。
 しかしこの不況で大幅に売上が落ちたという。特にトヨタの衰退が最も応えたという。
 陶芸と車、一見無関係に思える両者にどんな関わりがあるのか。
 実は二万にも及ぶ車のパーツ、そこには気の遠くなるような網の目状のピラミッドが張り巡らされていて、伊勢久もその一つの細胞らしい。
 例えばフロントグラスの上部、フレームの下に黒い帯状の塗料が塗ってあるのにお気づきだろうか…。
 あの絵の具だけでも実に数多くの人々や会社が関わっているらしいのだ。
 その他にも、セラミック部品や型原料等、多岐にわたるという。
 言い換えれば、僕らは自動車産業のほんの余りで生きている様だ。
 国がてこ入れするのが分かる気がした(笑)。

 話は変わる。
 M・Jが亡くなった。
 後半生?はやや破滅的だった。
 アルバム『スリラー』が大ヒットしたが、僕はあの精悍なマイケルより、ジャクソン5時代が懐かしい。
 今でも『ママがサンタにキスをした』は携帯に保存してある。
 フィル・スペクタープロデュースでロネッツも歌ってた。
 伸びのある澄んだ声、ファンキーなリズム、天性のダンスセンス、まさにソウルミュージックの申し子だった。
 幼い頃のリトル・スティービーにも匹敵する存在だった。

 安らかに眠って欲しい。
 にしても残念だ。

ページの先頭へ