追伸 『武神』

15代日記 | 2009年6月18日

 『武神』金先生は、現在はアメリカのニューオリンズに拠点を構えておられる。
 四十数年前、先生は、韓国の仁川港を船出して、一人ロサンゼルスに向かったと聞いた。
 僕の記憶では、当時の朴政権は一般の海外渡航を固く禁じていたはずだ。
 僅かに選ばれしエリート達か、或いは自国で志を果たせなかった青年達が国を棄てるように、密かに海を越えたと聞いている。
 金青年もそのいずれかであったのか…、僕には聞けなかった。
 
 船は横浜港に寄港したらしい。
 
 船のデッキから見えた横浜港にアルファベットで『SAYONARA』と書かれていたそうだ。
 金先生は四十年以上たっても、あの景色を忘れないと話しておられた。
 一人、最後の港、横浜。
 筆舌には尽くせない想いが今も彼の心にある。

ページの先頭へ