悪性インフルエンザ

15代日記 | 2009年5月22日

140-1
 先日偶然、『みやね屋」と云う、一見報道番組風のワイドショーを見た。
 視聴率を上げ、視聴者をテレビの画面から何とか離さない為に、新型インフルエンザの不安を煽るだけ煽る、という最大限利用(超悪のり)番組だった。
 患者(特に運悪くその地区での一例目)は完全に犯人扱いだ。
 この第一例に対する異星人扱いこそ、心理的パンデミックを産むのだろう。
 不幸にも運悪く感染してしまった人間、まして同じ日本の若い患者に対しての、同情心など微塵も無い。
 ナノと云うミクロのレベルでは限界があることは周知。 
 それでも二ューヨーク国連会議から帰国した高校生二人はマスコミの格好の生け贄にされた。 
 あたかも、日本からこの二人だけが、反対を押し切って渡米したかの様な扱いだ。
 学校の前に中継車を張り付け、大阪の通勤途中のサラリーマンのマスク姿の群れを幾度もたぶらせながら、眉間にシワを寄せた女のレポーターが高校生二人の『足取り』?、二人の下車駅、機内での座席まで紹介したあげく、沿線のバカな住民から「うちの子に感染したら、どうやって責任取るんだ!」と吊し上げにされ、涙を流す校長を、コメンテーターの女形役者が『非常識だ』と更に鞭打つ。
 自らの悪のり報道には、ほんの軽くフォローを入れただけで、延々と『検証』と称して、誰もが知ってるネタを繰り返す。
 「いつ強毒性に変わるのかわかりませんよ」「蔓延期に入ってますから…」、と損保の営業マンか、マルチ商法の印鑑売りのオバサンみたいに未来への脅しを入れながらも、その次には「通常の季節風邪と同じように対処すれば良いんですね」などと、意味不な台詞で視聴者を幻惑する。
 高学歴を持ち、一流企業に就職し高収入を誇りながら、視聴率の為なら、築き上げた人格すらもしまい込む有様だ。
 又、それがプロだと思っている世間知らず。 
 今回も又、マスコミの行動に不快を感じた。
 
 そもそも、何処の世界に、明けても暮れても『落ち着いて下さい!』『冷静に行動して下さい!』と大声でわめかれて、平静でいられる人間がいるのか?と言いたい。
 返す刀で政府を煽り、騒ぎを出来るだけ大きくする事が、彼らマスコミの生きる糧となっているようだ。
 『インフルエンザ』とは元々『影響する』の意味だが こうなると、マスコミの方が余程、悪性のインフルエンザだと言えよう。
 新型インフルエンザはやがて終息するが、こちらの悪性インフルエンザは、今後とも生き続け、僕達の脳と感性を蝕み続けるのだろう。

ページの先頭へ