大臣?

15代日記 | 2009年2月23日

 外交というのは実に難しい。
 我が国にも、以前は小村寿太郎、東郷茂徳等、素晴らしい外交官はいた。
 最近では、北朝鮮外交団の気合いみなぎる表情が印象的だ。
 動き、コメント、目の光、どれをとっても意味があり、その背中に国家を背負った男の覚悟を感じる。
 大嫌いな国だが、あの外交官の厳しさには目を見張ってしまうものだ。
 さて、世界に誇る我が日本の財務大臣が先日ローマでラリッてた。
 何度見ても見飽きない、永久保存版にしたいくらいの絵だった。
 「ありゃ、後で大分落ち込むんだろうな…」って思ったら、少し可哀想な気もしたが、それにしても、一体どうしちゃったんだろう?。
 
 知り合いの社長は睡眠薬の常用者だが、海外から帰国して睡眠薬が効いてるのに風邪薬を服用し、秘書の結婚式でスピーチしたところ、新婦の名前を最初から間違えたのにも気付かず、あわてて後で言い直したが、既に遅し…だったらしい。

 大臣に同情してか「あんなこともあるよ…」と言ってはいたが…。
 でも、僕には何度見ても、酔っ払いにしか見えないのだ(笑)
 酔うと、案外かわいい顔になるんですね。
 アホくさ!

ページの先頭へ