水族館

15代日記 | 2009年1月27日

119-1

アップロードファイル 119-1.jpg

 久しぶりのブログアップだ。
 何を書こう…?。
 この前鹿児島水族館・イオワールドに行った。
 イオは魚、『ウオ』を鹿児島弁で『イオ』と呼ぶ。
 だからイオ・ワールドは直訳すると『魚の世界』となる。
 多くの応募の中から選ばれた名前だが、正直言って県外の方には分かりづらいと思う。
 よく交番に『KOBAN』と書かれた看板を見るが、あれと同じで、誰の為のものか意味不であるのだ。
 外人が『KOBAN』を読めても意味がわからず、田舎の婆さんは今度は読めない訳だ。
 いずれにしても、鹿児島水族館は良い。
 今年の京都の初釜式の後、関空からソウルに飛んだ。
 一人旅だったが、その時、前から行きたかったソウルの水族館に行った。
 六三ビルと呼ばれる高層ビルの中にある。
 ところが、これが最悪。
 臭い、狭い、汚い、うるさい…。
 あれじゃ、まだ熱帯魚屋さんのほうがまし。
 逃げる様にして出てきたが、その比較対象のひどさもあり、鹿児島水族館は際立って素晴らしかった。
 広く清潔で楽しかった。
 ソウルの連中にも見せてあげたい。
 あんな水族館しか知らないなんて…、そんな事を思っていたら、韓国から友人の金さんが来た。
 早速、水族館に案内したが、金さんいわく『…で、どれを食べたらいいですか?』
 
 ダメだ…こりゃ。

ページの先頭へ