「必殺! 上島新撰組 2」 放送のご案内

15代日記 | 2017年4月10日

「必殺! 上島新撰組 2」(日本テレビ)の中で、沈壽官窯の作品が紹介されます。
 
九州を縦断しながら、凄すぎる物、危険すぎる物等が紹介されていきます。
さて、沈壽官窯では何が紹介されるのでしょうか? 
どうぞ放送をお楽しみ下さいませ。
 
放送日時  4月15日(土)13時30分~14時55分
 
日本テレビ系列のテレビ局で放送されます。
FBS(福岡)、TOS(大分)
NIB(長崎)、UMK(宮崎)
KKT(熊本)、KYT(鹿児島)
※佐賀県等日本テレビ系列のテレビ局がない県は、放送時間が異なる場合があります。

ページの先頭へ

「匠の蔵 創る人、開く人、発する人」放送のご案内

15代日記 | 2017年3月14日

「匠の蔵 創る人、開く人、発する人」に十五代沈壽官が出演いたします。
テレビとラジオで放送されますので、ぜひ両方お楽しみ下さいませ。

◎番組放送期間 平成29年4月下記放送日時にて各局5回放送

≪テレビ放送≫
※放送局により、放送日時が異なりますので御注意下さい。

TNC(福岡)    日曜 21:54~22:00
TOS(大分)  土曜 21:54~22:00
STS(佐賀)     日曜 21:54~22:00
KTN(長崎)    日曜 21:54~22:00
TKU(熊本)    日曜 21:54~22:00
UMK(宮崎)    月曜 22:52~22:56
KTS(鹿児島) 月曜 22:54~23:00
OTV(沖縄)    金曜 22:55~23:00

≪ラジオ放送≫
FM福岡    土曜 19:00~19:15
FM大分    土曜 20:00~20:15
FM佐賀    土曜 19:30~19:45
FM長崎    土曜 20:30~20:45
FM熊本    土曜 19:00~19:15
FM宮崎    土曜 19:25~19:40
FM鹿児島  金曜 15:45~16:00
FM沖縄    日曜 22:30~22:45

ページの先頭へ

「英雄たちの選択」(BSプレミアム)放送のお知らせ

15代日記 | 2016年12月15日

 『英雄たちの選択』(NHK BSプレミアム)の撮影が沈壽官窯でも行われました。
 是非、放送をご覧下さいませ。
 
『英雄たちの選択』
「真説!薩長同盟 若き家老・小松帯刀の挑戦」
今年は、薩長同盟150年。坂本龍馬が活躍したといわれる同盟締結。実は、当時最も人望の厚かった若き薩摩藩家老・小松帯刀こそキーマンだった。薩長同盟の真実を探る。
 
NHK BSプレミアム
12/22(木)20時~21時放送

ページの先頭へ

第31回 美山窯元祭り

15代日記 | 2016年10月21日

2016_美山窯元祭り_A4表
2016_美山窯元祭り_A4裏

平成28年11月3日(木/祝)~11月6日(日)  9時〜16時

《主なイベント》
● 窯元祭り特別販売  ● 薩摩焼体験広場  ● 第22回 国際手ひねり・絵付けコンテスト
● 青空(美山)市場及びチャレンジショップ  ● 美山の登り窯パン工房
● 薩摩焼/工芸品チャリティーオークション  ●第15回フォトコンテスト
● JR九州ウォーキング(美山窯元祭り散策)  ● 美山の朝マルシェ  ● 美山コンサート
● ぐるっと美山 通行手形  ● もっと知ろうお隣り「韓国」  ● 小鶴茶屋  ● フードコート

《美山の歴史と文化 焼物の祭り》
美山窯元祭りは、はるか韓半島よりこの地に陶芸の技を伝えた先人をしのび、その功績をたたえるとともに、その伝統と歴史に触れ、薩摩焼をはじめとする工芸品に親しんでもらおうと昭和61年から開催されています。地域の人々が郷土への愛着と誇りを育み、多くの人に支えられ、愛されながら県内を代表する祭りへと成長し、「薩摩焼の里」美山の名を全国に定着させることができました。 また、表通りから一歩足を踏み入れると竹林と石垣に囲まれた静かな風情の美山を感じることができます。個性あふれる作品が並ぶ窯元をはじめ、木工、ガラス、ギター、着物などの工房を巡り、お気に入りのモノを探すのも美山の楽しみ方のひとつです。410年以上も前、この地に窯を開いた陶工たちへ思いを馳せ、土に触れ、薩摩焼の歴史と受け継がれた文化を感じてみてください。「見る」「買う」「体験する」「食べる」が揃った美山の魅力をいちばん体感できる晩秋の「第31回美山窯元祭り」への皆さまのお越しをお待ちしています。

ページの先頭へ

NHK BSプレミアム 『イッピン』 で沈壽官窯が紹介されます

15代日記 | 2016年10月12日

NHK BSプレミアム 『イッピン』 で薩摩焼が紹介されます。

沈壽官窯も紹介されますので、是非、ご覧下さい。

【放送予定】

NHK BSプレミアム

イッピン「優美な白! 無骨な黒! ~鹿児島 薩摩焼~」

≪再放送≫

11月29日(火)午後0時30分~午後1時00分

ページの先頭へ

光風の茶会

15代日記 | 2016年2月16日

2月11日建国記念日に十五回目の光風の茶会を開催致しました。
今年も紅白梅を観賞しながら、沈壽官窯友の会のお客様と新春のひと時を過ごすことができました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。IMG_0222

ページの先頭へ

第30回 美山窯元祭り

15代日記 | 2015年9月25日

!cid_AC7DC70D625646C5821AB57B9255861C@jukan5

平成27年10月31日(土)~11月3日(火/祝)
前夜祭開催 10月31日(土) 15時〜21時
11月1日(日)〜11月3日(火/祝) 9時30分〜16時
各種イベント(薩摩焼陶芸体験・登り窯パン工房など)は11月1日から

主なイベント
● 小鶴茶屋
● JR九州ウォーキング
● 美山コンサート
● ぐるっと美山 通行手形
● 窯元祭り特別販売● 薩摩焼体験広場
● 第21回 国際手ひねり・絵付けコンテスト
● 薩摩焼/工芸品チャリティーオークション
● 美山の登り窯パン工房
● 青空市場及びチャレンジショップ

● 『美山窯元祭り』プレミアム商品券も発売します!

美山の歴史と文化 焼物の祭り
美山窯元祭りは、はるか韓半島よりこの地に陶芸の技を伝えた先人をしのび、その功績をたたえるとともに、その伝統と歴史に触れ、薩摩焼をはじめとする工芸品に親しんでもらおうと昭和61年から開催されています。地域の人々が郷土への愛着と誇りを育み、多くの人に支えられ、愛されながら県内を代表する祭りへと成長し、「薩摩焼の里」美山の名を全国に定着させることができました。 また、表通りから一歩足を踏み入れると竹林と石垣に囲まれた静かな風情の美山を感じることができます。個性あふれる作品が並ぶ窯元をはじめ、木工、ガラス、ギター、はく製、着物などの工房を巡り、お気に入りのモノを探すのも美山の楽しみ方のひとつです。410年以上も前、この地に窯を開いた陶工たちへ思いを馳せ、土に触れ、薩摩焼の歴史と受け継がれた文化を感じてみてください。 今年は、第30回国民文化祭かごしま2015との同時開催にてさらにパワーアップし、前夜祭を皮切りに4日間開催いたします。 「見る」「買う」「体験する」「食べる」が揃った美山の魅力をいちばん体感できる晩秋の美山、「第30回美山窯元祭り」への皆さまのお越しをお待ちしています。

ページの先頭へ

15代日記 | 2011年3月14日

つよく いきて いかねば。

ページの先頭へ

『歴代沈壽官展』IN 福岡

15代日記 | 2011年2月9日
201102091006000.jpg

博多天神の三越百貨店九階で『歴代沈壽官展』が始まった。

会場は日本橋本店のそれより広く、天井も高い。
多分、大恐竜展でも出来るぐらいだ。
従って照明も4,5ートルという、かなりの高さからのシュートになる。

初代から現在までの時間の流れを、『物』で見せる展示会場とは、考えてみたら極めて非日常の異常空間だ。
そこは四百年が凝縮された濃厚な空間た、

もとよりタイムスリップなぞ出来るわけがないのに、このスペースではそれが出来る。

それは一つの土地、一軒の家、一つの家系、一つの業種に絞って展示しているからだ。
つまり、見る側は対象物の種類の変化に合わすのでなく、そのまま時の流れに身を委ねれば良いからだ。

展示物達は互いに共鳴しあう。
それはあたかも盆に親戚中が本家に集まり、老人達が昔話に花を咲かせ、久しぶりに会った従兄弟達はゲームに興じる様だ。
或いは、遠く離ればなれになった者同士が百年を超える時の果ての邂逅の喜びに身体を震わせ、涙するかの様でもある。

その姿無き共鳴の波動が見る人に伝わる時、会場と見る人に不思議な一体感が生まれる。
その瞬間、全くの非日常の異空間に飛び込む、いわゆるトリップするのだろう。

僕自身が直接の関係者だからかも知れないが、真夜中、この会場を訪れる事が出来たら、彼らの騒々しい程の喧騒に驚かされるに違いない。

ページの先頭へ

梅一輪

15代日記 | 2011年2月5日

明日は我が家恒例の茶会『光風の茶会』が開かれる。
沈壽官窯の友の会(年会費3000円也)の方々を対象に開かれる。
母の生前は『梅見の茶会』と称していたが梅の開花のタイミングが難しく、一時は『青葉の茶会』として五月に開催していた事もあった。
母が亡くなって中断していた茶会だったが、十年前に復活させた。

早い年は元旦の朝に梅の花が咲いていた時もあったが、今年は寒さが尋常でなく未だに梅一輪のみである。
明日のお客様は約100名、お手伝いの方々が15名、会社のスタッフが30名、計145名の期待を背負って立つのが、この一輪の紅梅である。

晴れがましいと言えばそうだし、負担が重すぎてかわいそうだと言えばそうだ。

親友の哲っちゃんは花には咲く間合いと散る気合いがあるのだと言っていたが、そうするとこの一輪の紅梅はまさに救世主だ。

明日はこの気合いの入った一輪の紅梅が主役だ。

ページの先頭へ