韓国のマスコミ

15代日記 | 2008年10月31日

 昨日の朝は七時過ぎから韓国のウルサンMBCの取材が入ってた。
 『オンギ』と呼ばれる甕のドキュメントを撮っているのだ。
 取材範囲は韓国、日本、中国、ラオス、ベトナム、イギリス、アメリカに及ぶらしい。(このウォン安の中で大変だ…。)
 
 美山では八時から神社での窯元祭り成功祈願祭、十年前に韓国から持参した火、古い窯跡、作陶風景、甕・壺の歴史、串木野市の漂着地点など様々だった。
 
 ウルサンMBCは抑制が効いている。
 大概、韓国マスコミの撮影スタイルは、国民の意識高陽を狙う物が多い。
 如何に韓国人が世界的に優れているかを強調する。
 我が家の歴史はそのダシに使われるケースも多い(笑)。
 韓国マスコミは自身をエリートだと自負していると同時に、同じ韓国国民が劣等感を持っていると考えている様だ。
 しかし、僕にはそう見えない…。
 特に田舎に行くと、実に健やかな韓国人達を見つける事が出来る。
 正直で逞しく、働き者だ。
 ある村の韓国人青年が話してくれた。
 肥えた土地の草は根を張らない。痩せた土地の草は根を張る、と。
 そんな子供の様に純な人々に、根拠の薄い自信や過度の自尊心を植え付ける方が、他者との関わりの中で人々を歪めてしまうのでは…?と危惧する。(この言葉に政治的意図は無い)
 
 故に企画書にその手の鳴り物入りのフレーズが見えると取材は受けないようにしているのだ。
 歴代が頑張ってこれたのは別に手柄を狙うディレクターのお蔭じゃない(笑)。
 でもこうゆう考え方が狭量なのも又事実だ。
 難しい…。

 作家の司馬遼太郎氏は『民族とは文化の共有個体に過ぎず、血や種族ではない』と話された。
 確かに北海道の人々と沖縄の人々では共有する文化はかなり違う。
 当然だ。
 自然環境が全く違うのだから、ライフスタイルも全く異なる。
 結果、物の考え方や価値の置き方も変わってくる。
 しかし北海道から沖縄に嫁いだ女性はいつの間にか立派な『ウチナンチュー』になるのだ。
 
 そういえば…、ゼロって歌手いたな……。

ページの先頭へ