彼岸

15代日記 | 2008年9月25日

 昨日はお彼岸の中日だった。
 そして、毎年この日に合わせたように彼岸花が見頃を迎える。
 
 我が家の『ハルバン』の周りにも咲いてくれた。
 『ハルバン』とは、韓国済州島の道祖神で、済州島ハンラ山の溶岩石で作られた神様である。
 韓国では『済州爺さん』とも呼ばれ親しまれている。
 薩摩の『田の神』同様、男性のペニスの形をしているが、これ又、生産の象徴だろう。
 
 爺さんは三人いて、それぞれの妻は揃って東の海を越えてやってきたと言い伝えられている。
 済州島の東の海の向こうは…九州だが…、対馬か長崎の女が三人の神様全てをゲットした事になる。
 中々やるもんだ…(笑)。 
 勿論、最初から爺さんだった訳ではないだろうが…。
 
 親父が買ってきて、門を入った突き当たり真ん中に据えた。
 この色黒の爺さんが、妙に彼岸花が似合うのだ。
 この時期になると、ニンマリと笑って見える。
 
 彼岸花に最初は葉は無い。
 球根に力を蓄めているらしく、すっと立った茎は、逞しいバレリーナや舞台役者の足の様だ。
 花火の様な形の花で、シベの長い花びらが付いている。
 スイカと同じく、黄色のものも珠に目にするが、やはり田んぼの緑の土手には赤色が鮮やかだ。
 そして此れ程、暦に忠実にいてくれる物はない。
 地球のサイクルがおかしくなっていると言われる中、頼りになる選手に、キチンと仕切り直しをしてもらったようで有難い。

 別名『まんじゅしゃげ』とも呼ばれる。
 
 『彼岸』とは煩悩を捨てて悟りを開く世界だ。
 同時に『涅槃』とも言うが、この世の煩わしさや苦しみからも解放される世界であるとの事。
 つまり、煩悩を棄てれば、煩わしさが無くなると云うわけだ。
 
 なかなか……。
 分かってはいるのだが…。

ページの先頭へ