陶佳と優佳

15代日記 | 2008年7月31日

72-1
 夏休みで妹が双子の娘達(小2)を連れて帰ってきた。
 この双子、我が親戚の中でも、最年少である。
 妹は母が亡くなった年に身籠った。
 子供に恵まれなかった妹は母の生まれ変わりだと、とても喜んだのを憶えている。
 故に、他の従兄弟達から無条件に可愛がられる。
 特に我が親戚は男の子が圧倒的に多いから、二人はアイドルだ。
 
 スクスクと育った無邪気さと云うのはこうゆう物だろうか…、気持ちが本当に癒される。
 胸の中の、外向きに固く凝った物が溶けていって、キューンとするくらいだ(笑)。
 
 残念ながら、自分の子供にはこうはなれない。
 
 自分の子供には、自分の隠したい自分がしっかりと受け継がれているからだ。
 そして、何かあると、そればかりが目に付いてしまう。 
 「あっ!これ、又俺だ…」
 
 とにかく、自分で自分を見ている様で、落ち着かないし、時には目を覆いたくなる。
 その点、兄弟の子供達は無条件で見れるものだ。

 そして今日、妹は双子を連れて東京に帰って行った。 「伯父ちゃま、お世話になりました」
 散らかった部屋のキャンディーの包紙やゲームソフト、飲みかけのジュースがあの子達の痕跡だ。
 
 
 そう言えば妹は娘達に自分の事を『お母様』と呼ばせていた!。
 
 僕は子供の頃、妹が頬っぺたを真っ赤にして、いつも鼻を垂らしていたのを知ってる。 セーターの袖を鼻水でゴワゴワにしながら、いつも僕に付いてきた。 だから僕はいつも浅いドブに落としてやったものだ。 
 すると妹は必ず大泣きした。
 しかし、毎日ドブに落とされるのを知りながらも、付いてきた。
  そんな人物が『お母様』とは…。
 だから双子ちゃんには妹の事を『母ちゃん』と呼ぶように指導したのだが、それを知った妹は、裏でこまめに矯正していた。
 その結果、残念ながら『東京の電車の中で「母ちゃん!」と呼ばせる作戦』は失敗した。
 
 アホな蝉の耳鳴りの様なわめき声に乗って、妹の高笑いが聞こえてきた様な気がする。

ページの先頭へ